LINEモバイルの5つのデメリット

LINEモバイルの知っておきたい5つのデメリットまとめ

当サイトではLINEモバイルをオススメしていますがデメリットが1つもないとは言えません。

 

何事も良い面と悪い面、どちらも理解しておくことが大切です。

 

わたしはLINEモバイルが持つデメリットを大きく超えるメリットがあると感じています。

 

しかし。

 

デメリットの受け止め方は人それぞれです。

 

今回はLINEモバイルのデメリットを5つにまとめました。

 

デメリットについても理解した上で納得してLINEモバイルの契約を検討してみてください。

 

LINEモバイルの5つのデメリットをまとめます。

 

 

LINEモバイルの5つのデメリット

LINEモバイルのデメリットをご紹介します。

 

今回、わたしがLINEモバイルのデメリットと思われるポイントを5つにまとめました。

 

5つのデメリットは下記のとおりです。

  1. 通信速度が遅くなる!?
  2. 電話代が高くなる?
  3. 乗り換えで違約金が必要?
  4. キャリアのメールアドレスが使えない
  5. LINEモバイルの1年縛り

1つずつ詳細に説明していきますね。

 

1:LINEモバイルは通信速度が遅くなる?

LINEモバイルの1つ目のデメリットは通信速度です。

 

このデメリットはLINEモバイルに限ったものではありません。

 

格安SIM全般に言えるデメリットとなります。

 

格安SIMは大手携帯キャリアが全国に整備した電波のネットワークを借りています。

 

LINEモバイルの場合はドコモの電波を借りています。

 

大手携帯キャリアは平均通信速度が20Mbps程度と言われています。

 

LINEモバイルの平均通信速度は10Mbpsです。

 

しかし。

 

安心してください。

 

一般的にSNSやインターネットを通常楽しむ程度であれば2~3Mbpsあれば快適に使うことができます。

 

大手キャリアほどの通信速度は必要ありません。

 

都心部の昼間や夕方など通信が一度に集中する時間帯は平均速度が遅くなる可能性はありますが心配する程度の速度低下ではありません。

 

LINEモバイルは他の格安SIMよりも比較的通信速度が速いとも言われています。

 

過度な心配は不要と言えます。

 

 

2:LINEモバイルは電話代が高くなる?

LINEモバイルの2つ目のデメリットは電話代です。

 

電話代が高くなる原因は大手キャリアが契約を促している「かけ放題」にあります。

 

大手キャリアは同じキャリア同士の通話無料や5分以内の通話無料などのかけ放題契約を提案しています。

 

これは月額の定額かけ放題となっており、毎月大きな金額を支払っています。
*約2500円程度の契約です。

 

LINEモバイルはかけ放題の契約がありません。

 

電話料金は20円/30秒です。

 

1時間の連続通話を行うと3600秒で2400円の通話料がかかります。

 

この金額だけを見ると大きなデメリットに見えてしまいます。

 

しかし。

 

仕事以外のシーンで電話をかける機会は増えていますか?

 

LINE通話やFacebookのメッセンジャーを使った通話が増えているはずです。

 

仕事で頻繁に通話をするスマホにLINEモバイルは向いていないかもしれません。

 

普段使いで長電話や頻繁な電話をかける機会がなければ特に気になるデメリットではありません。

 

仮に電話を使わなければならない時は楽天でんわなど通話料が安くなるアプリを賢く使って通話料を削減することをオススメします。

 

LINEモバイルへ乗り換えると違約金が必要?

LINEモバイルの3つ目のデメリットは大手キャリアの違約金です。

 

大手キャリアと契約を交わす時はほぼ必ず2年契約となります。

 

現在は政府からの是正勧告によって2年契約でない契約も登場しています。

 

しかし。

 

ほぼ全員が2年契約を結んでいるはずです。

 

2年契約の契約中に解約する場合、違約金が必要になります。

 

違約金の金額は9500円が一般的です。

 

大手キャリアとの2年契約中に乗り換える場合は9500円の違約金を覚悟しなければなりません。

 

LINEモバイルへ乗り換えることで安くなる毎月の金額と違約金を比べて判断する必要があります。

 

2年契約が終了後の契約更新期間であれば違約金は不要です。

 

違約金が不要な期間まで待つことも工夫の1つと言えます。

 

 

キャリアのメールアドレスがもう使えない

LINEモバイルの4つ目のデメリットはメールアドレスです。

 

大手キャリアとの契約を解約すると使えなくなるものの1つにメールアドレスがあります。

  • @docomo.ne.jp
  • @ezweb.ne.jp
  • @softbank.ne.jp

これらのメールアドレスが使えなくなるのです。

 

メールアドレスをログインIDに登録している場合やメルマガなど重要な登録を行っている場合は面倒なことになります。

 

しかし。

 

最近はGmailの登録が可能なものも多くなりました。

 

パソコン・スマホ、どちらでも確認が可能などメリットも多くあります。

 

大手キャリアのメールアドレスが使えないことはメリットとも捉える1面もあります。

 

それが迷惑メールがなくなることです。

 

大手キャリアのアドレスにメルマガも含めた迷惑メールが届くという人は少なくないはずです。

 

これらのメール地獄から解放されるという面ではメリットとも言えるかもしれませんね。

 

LINEモバイルにも1年間の契約縛りがある

LINEモバイルの最後のデメリットは1年間の縛りです。

 

LINEモバイルにも契約縛りが存在します。

 

大手キャリアのような長期契約ではありませんが契約後1年以内に解約すると違約金が発生します。

 

違約金の金額は9800円です。

 

期待していたほど使いやすくないケースで、すぐに解約する場合は違約金が必要になります。

 

まとめ

今回はLINEモバイルの5つのデメリットをまとめました。

 

5つのデメリットを振り返ります。

  1. 通信速度が遅くなる。
  2. 電話代が高くなる。
  3. 乗り換えには違約金が必要。
  4. キャリアのメールアドレスが使えなくなる。
  5. LINEモバイルにも1年縛りがある。

それぞれ気になるポイントがあるかと思います。

 

しかし。

 

どのデメリットも工夫次第で無くすことができます。

 

LINEモバイルはデメリットを覆い隠すほどのメリットがあります。

 

デメリットを正確に理解したうえでLINEモバイルを自信を持ってオススメします。

 

あなたもこの機会にLINEモバイルへの乗り換え検討してみてはいかがでしょうか。

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイル